スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cancun5 -Mayan ancient culture

さてカンクン6日目、マヤの遺跡ツアーです。

AC800年代以降にここユカタン半島で栄えた文明です。
世界史の教科書に出てきたあれ、です。
最近では、やりすぎコージーって番組の都市伝説コーナーで
『2012年人類滅亡 マヤの予言』として注目されたそうですね。
(ネット動画で事前に番組チェックしましたが、一時期はまって深夜に見てました 笑)


車のナンバープレートもこの通りピラミッド。
ビーチ、マリンパークと共に観光名所のひとつです。
Number plate



まずは超有名 Chichien Itza チチェンイッツァ!!
Chichen Itza!!!!
AC1000年ごろの建築物。
王の墓ではなく、むしろ儀式に用いられたもの。

いろいろな仕掛けが隠されているこのピラミッド
・4面に91ずつの階段と頂上の1段を合わせると365段の階段
・階段正面で手をたたくと「キュンっ!!」って音が反響するんですね~。ククルカン(羽の生えた蛇、マヤで神聖な動物)の泣き声らしいです。
・春分秋分の日だけに見られる奇跡がこちら。
春分に現れる蛇 
階段の脇にある蛇の頭。年に2日だけ日光がうまくあたって体が完成。全体像が現れるんですって。


マヤ最大の球戯場
大球戯場

サイドにあるゴールも石製
ゴール

7人対7人で腰やラケットを使ってボールを打ち合い、このゴールに入れたら得点らしいんですが、
このチームの勝者主将(敗者との説も)は生贄になります。

これは球戯場にある生贄の図。
切られた首からでた血が伸びていって、聖なる蛇や作物に変わっていく図。
生贄のレリーフ

ここが斬首場 生贄の台座、ツォンパントリ 
壁一面にどくろが書かれています。
ツォンパントリ 生贄の台座
汐さんも「コワイコワイ!!」っと。
(骸骨やお化けは、汐さん語ではコワイコワイです。)

その後取り出された心臓はこのチャックモールへ。
ピラミッドの中などにあり、この上に心臓をささげて、沈む太陽に明日も登って来るように祈っていたそう。
チャックモール
ピラミッドは今は登れませんが、10年前は実際に登ってこの台座も見れました。
ラッキーだったな。あんま覚えてないけど 苦笑。

その心臓を食べる鷲とジャガーの絵がある基壇。
鷲とジャガーの基壇

なんせ、血生ぐさ~い文明です。

でも暦はすごくて、今のグレゴリオ暦より精度が高いらしいです。その正確な暦で、雨季などを予測し、王のカリスマ性を高め、民衆を統治していたらしいです。


さらに昔、旧チチェン時代の遺跡の解説を読む。
ふむふむ・・・ 旧チチェンにて




さて、チチェンを後にし、バンで移動です。

チチェンの周辺の民家 商店。
マヤ族 村の商店 
ホテル街やダウンタウンを除けば、いまだにこういう感じ。




セノーテ サムラ着 階段
Cenote Samulaへの階段。

現れる光景
現れる光景。 写真通りの美しさ。

Cenote2

Cenote3

石灰岩のユカタン半島は、弱い地盤が沈下し、そこに湧き出た地下水がたまった泉がたくさんあります。
もちろん聖なる場所。数百のセノーテうち、観光客に解放されているのは数十ほどとのこと。

上から漏れる日の光と、木の根がこれまた幻想的。
立ち入り禁止に気づかずに、聖なる木の根元に座ってしまった。すみませんっ 汗


泳いで見ると、心地よい冷たさ。
セノーテで泳ぐ汐さん
汐さんも大興奮。
水深最大17mのため(怖っ!)、ライフジャケット+浮き輪使用。



Fish in the Cenote
水底がみえてますが、ここでも水深数メートル。
水も本当に美しい!

数色に色を変える照明が、やや雰囲気壊すんですが。
もうちょっと控えめでも十分美しいのにな 独り言です。

30分の自由時間では少なすぎる!!
本当に癒される、美しすぎる場所でした。
Cenote4
名残惜しさ満点でセノーテをあとにしました。




このレストランで昼食。
レストランでLunch
とまった白いバンが今回の移動手段。



夕方前についたのはEk Balam エクバラム遺跡
Ek Balam

開発間もないマイナー遺跡で、周りはジャングル
ジャングルの中にふつと浮かぶ遺跡

門をくぐって古代マヤの世界へ。
門をくぐる

こちらの球戯場は小さめ。
エクバラムの球戯場

汐さんとママのお手製ゴール
ek balamゴール 私製

そして王の祭壇 ピラミッド
エクバラム ピラミッド
階段横の蚊帳の屋根は、遺跡保護のためとのこと

ここのピラミッドは実際に登れます。107段!!
Shio-san climbed up all of 107 stairs by herself.
抱っこを「No!!」と断わって、汐さん自分で登りました。
親とりーちゃんはヒヤヒヤ…
一人が支え、一人が万が一に備えすぐ下で待機。


汗ぐっしょり。地上32mの頂上で大満足の汐さん
Self satisfaction

家族写真。
王様の目線で家族写真。
ジャングルを見渡し、地上を見下ろし、王様気分♪
360度の緑とゆるくカーブする地平線。
なかなか見れない光景ですよね。感動です。


しかし、問題は下り。
かなり急なのが伝わるでしょうか?怖い!
Way scary going down the pyramid...
♪行きはよいよい 帰りは怖い♪
下りる以外の選択肢がないので…

体力使い果たした汐さんを抱えて、下ります。
Mama went down holding Shiosan this way.
太ももパンパン ふぅ。

地上について安心表情の汐さん。
Good work out, Shiosan

「エクバラムは○○王の力を称するものである」
っていう内容がかかれたマヤ文字
Mayan language

お疲れ汐さん。
お向かいの天文台は、2段目で挫折しカメラにポーズ
天文台


天文台から見たピラミッドと周辺。
ピラミッドと未調査エリア

このエクバラムは遺跡レベルC(だったかな?)。
チチェンは当然最高ランクA。
開発+観光用の管理レベルを表すらしいです。つまりエクバラムがまだまだの未開発遺跡ってコト。

ピラミッドの左隣は木々がこんもりしてるんですが、まだ未開発。木々の下に他の遺跡が隠れている可能性も高いんですって!
なんか、胸躍りました。



日も沈みかける頃、帰路に。全員爆睡。

今回のツアーは、現地、日本語ツアー会社water sports cancunでお世話になりました。
大人数の英語ツアーは絶対理解できないし、子連れでバス移動はなかなかしんどいので、ここの少人数ツアーにしてよかったです。なかなか行けないエクバラムまで行けたし。

ホテル送迎はもちろん、道中はチャイルドシートまで用意してくださったので、車中ではずっと心地よさそうに寝ててくれました。おかげで他の方への迷惑も少し減ったんじゃないかな。
他の参加者の方も汐さんに声かけていただいたり、遅い移動を待っていただいたり、いい方たちでありがたかったです。

本当に大満足の1日でした!



しかし、カンクン素敵な場所です。
海、遺跡、パーク、毎日いろんなところに行って楽しみました。
メキシコ人も私のスタイルに合う気がするし、
ほんとまた行きたいな~。
スポンサーサイト

Cancun4-Jungle tour and Dolphin Discovery

5日目 Jungle tour ジャングルツアー

ホテルからタクシーで15分ほどのマリーナに集合
日系の代理店を通して、予約していたんですが
どうやら日程変更が伝わっていなかったらしく、
予約入っておらず。でも運よく参加できました。

マリーナ
水着とぬれてもいい服に着替えて待ちます。
Jungle tour marina

marina2

ほどなくして、
ライフジャケットとフィンをもらいます。

カップルで着てた○国人っぽい女の子の話。
なぜか、ライフジャケットのサイズにこだわりまくる。
「これは私には大きすぎる」
「これだと小さいのよ」
「あの奥に吊ってあるのを試させて」
・・・
たかがライフジャケットでっせ。


同時に参加の4グループで説明を聞く。

「レバーを前に倒したら進む。後ろはバック」
「ハンドルを右に回したら右に曲がる。左は左」
と言ってた。
めっちゃなまりの強い英語で、よく分からないが…。
これ以外に大事なことはいってなかったと思う。


「んじゃボートに乗って!」
こんな簡単なスタートです。

海のルールとか知りませんが…免許もないですが…
行ってきます!
無免許運転。

家族用の4人乗りボートをあてがってもらいました。
前席にパパ・ママ・汐さん。後部座席にりーちゃん。
他の4台のボートと連なって、なかなか順調な滑り出し!


Cancun hotel zoneはユカタン半島に突き出したこの島みたいな部分です。
cancun map
この湾の中(フラミンゴプラザの辺)から出発して、南下。
われわれのホテル(44番ぐらい?)を左手に見ながら、激走!!

その途中、かなりゆれるのに、汐さん睡眠モードへ。


その頃から、列からどんどん遅れる我々。
「フルやけど俺ら遅いよな?やっぱ4人乗りは重いんかな?」

前方からガイドが戻ってきて「ちゃんとついてきて~!」と。
あらら、すんませーん。
レバー実は思ったより前に倒れたみたいで、フルスロットルじゃなかったみたい。

気を取り直してれっつごー!
そしてママのキャップをなくしました。(なくしもの3)


途中マングローブの中を通りながら・・・
Driving through Mangroves
結構狭いここでクルーザーや他のボートとすれ違います。
「・・・これ、素人が運転してていいの??」


湾を抜けきってカリブ海へ。所要45分。
そこでボートを止めてシュノーケリングします。
Snowkeling in the sea
ずいぶん走ったけど、カリブ海の真ん中じゃなく、
海岸沿いのシュノーケルスポットでした。


「水面よぉ~し!」
「魚捜索行って参ります!!」
Coast Guard Daddy
海猿にあこがれるパパです。
ママは、まだまだ睡眠中の汐さんとボートで休憩。


その後ママがパパと汐さんのお守りを交代して、
熱帯魚と珊瑚のコラボを楽しんでいる間も汐さんは夢の中。


帰りはママが運転します!!
りーちゃん、運転させてあげられずにごめんね。
Mama's driving back to marina

そしてもうマリーナが見え始めた頃、やっと起きた汐さん。
やっと起きた人。
楽しんだのはほぼ、大人だけでした。
波に揺られると眠くなる汐さん。さすが。




7日目 Dolphin Encounter ドルフィンエンカウンター

またまたタクシーで別のマリーナへ。
Dolphin Discoveryのフェリーで沖の島 
Isla Muheles イスラムへーレスへ
Ferryで沖の島まで

めっちゃきれいな海の色!!
エメラルドグリーン!!

ここはドルフィンとのふれあいテーマの施設。
ちょっとしたビーチと、プール、バッフェとバーがありました。
Dolphin resort

ここでもライフジャケットなどの準備をしたら…
あまり機能的でない振り分けをされて、(いろんなコースがあります)
ばたばたと準備して、注意事項を聞いて
10人ほどでいざ、海の中のプールへ。


さっそくやって来ました。ドルフィンちゃん。

係員の指示に従って、ドルフィンにサインを送ると
チューとか
どるふぃんチュー

ボールで遊んだり
Play with ball

High Five(手にタッチ)したり
dolphin touch

生態の説明を聞きながら、ちょいちょい触れ合えます。
りーちゃんも笑顔で大満足。
dolphin kiss!

隣では、いるかのフィンに捕まって泳ぐコースや、足の下からいるか2匹押してもらって水面滑走なんてコースもやってて盛り上がってました!

その中では面白みはかけますが、
なんといっても我々のこのコース、年齢制限なし!!
汐さんみたいな2歳なりたてでも、いるかとチューできます!

ただ胸くらいある水深で、波も結構あったので、
汐さんを抱え続けるのはちょっと辛かったですが。
「dolphin~!!」と叫ぶ汐さんの為なら、えんやこらさっさ。

必死で手を伸ばす汐さんです。
タッチしたい汐さん
少し水が冷たかった以外は、楽しい体験でした^^


コース後はしばらくプールで遊んだり、
バッフェ食べたり、ビール飲んだり、
サメやエイをシュノーケルで見たりして過ごし…


美しい夕日。
が、疲れ果てて、久々に泣き喚く汐さんでした。
夕焼け。でも汐さん疲れで号泣。


追伸。
帰りのフェリーにて。
テキーラ争奪 ☆ 乗客ダンス大会
このおっちゃんたちが人前で踊り狂う。。。
おっさんダンス 笑
帰りまで楽しませてくれるツアーでした。笑


次は5日目のマヤ遺跡ツアーです^^

Cancun3 -Xcaret-

翌日27日からは日帰りツアーに参加して各地を訪れます。
こちらあまり交通事情がよくないので、特にホテルゾーンを一歩出るとレンタカーは勧められないそうです。
確かに、みんなすごい運転荒いし、怖いです。
2車線道路で、3台が横並びですれ違ったり 汗。


3日目、Xcaret(シカレ)へバスツアーで。
各ホテルから回収された乗客が、あるターミナルで行き先ごとに振り分けられます。
すごいバスと人の量!!
Xcaret tour bus

1時間ほどで着いたXcaretの全景(パンフより)
Xcaret 全景
緑に覆われた、ビーチ沿いの敷地内に、いろんなエリアとアクティビティーがそろってます。敷地内に本物の遺跡がぽつぽつあるのもまたステキ。


ザ・南国な鳥がお出迎え
赤道直下~って感じ??

敬虔なカトリックの国
キリストの降誕の飾りもアメリカよりなんだかリアル。
キリストの降誕ーメキシコバージョン

南国植物園
南国植物。名前不明。


ジャングルエリアで見かけたイグアナ 近っ!
Iguana 近っ!

ジャングル内の水路を行くいかだボート
人力ボートでジャングル体験

狭い水路をいく・・・
澄んだ水の、狭い水路を行きます。
美しくて癒されます~。


あちこちで小さなショーも。
マヤ民族の踊りのひとつ。
ぐるぐる回りながら降りてきます!!
Mayan culture1

こうやってぶら下がってます。
Mayan Culture アップバージョン

人間風車も。大迫力!!
Mayan culture 人間風車



午後いよいよ暑くなってきたので、Underground riverへ。
Xcaret一番のアクティビティーだと思います。
シュノーケルをつけて地下水脈を流れます!!
Underground water
購入したオフィシャルフォト。
後ろの二人組みが美人過ぎる件。

ユカタン半島は石灰岩でできているので、雨が降ると、ろ過され地下で川になるみたいです。さらに石灰岩は侵食されやすいので、こんな長い地下水脈ができるみたいです。
シュノーケルで覗くと熱帯魚もいます。

水温低め。ゴールまで1kmほど?たぶん1時間強。
途中から結構体が冷えてきますが、
汐さんはこの笑顔!!
ずっとキャッキャ言って、大のお気に入りだったようです。
汐さんもお気に入りの地下水脈

が、
やはり寒かったのか、興奮しすぎか、
最後の方は、全身脱力、うとうと半寝の汐さん。
「寝るなー!寝たら死ぬぞー!!笑」


ライフジャケットがあるとはいえ、子供抱えて泳ぐのは結構大変でした。
でも全員楽しんでたから大満足です!


イグアナ2
Iguana2

流される前のスタート地点まで歩いて戻ります。
その間に体もずいぶん乾き、温まり。

復活汐さん。
チョコアイスクリームも解禁
チョコアイスなんて、今だけ特別サービスですからねっ!!

夕方は水族館へ。
くらげ好き汐さん
くらげ好き汐さん。
入って2つ目の水槽から微動だにせず。
先進もうぜ・・・汐さんよ。

海がめもいっぱい!
水槽の海がめと

しかも飼育中の海がめが、その辺にいます。
おとな海がめ
屋外飼育のおとな亀
汐さんが呼ぶと、寄ってきました。あらら。

ベビーたち。3ヶ月以下。
3ヶ月以下のベビー亀
ちっちゃーい。おもちゃみたいにかわいい^^

そして27歳の亀。りーちゃん。
27歳の亀



夜は・・・Xcaret Night!!
シアターへの門の上にはマヤ衣装とメイクのお出迎え
マヤ族の衣装でお出迎え・・・
こんな人たちが道の脇にもいっぱい立ってて、
いい雰囲気を盛り上げます。

マヤ族とトルテカ族の関わり、スペイン人の侵攻の劇と、
現在メキシコの歌やダンス、文化ショー
メキシコ古代~現代カルチャーショー
有名な音楽はメキシコ人全員で大合唱で大盛り上がり。

古代マヤのボールゲームも再現。
腰と腿でボールをけり、最終的にコート横のリングに通すと得点
マヤのボールゲーム
10年前も見ましたが、やっぱり迫力あるゲームでした!
昔は、この勝負の勝者キャプテン(敗者との説も?)は生贄になったらしいです。
斬首、さらし首・・・。
名誉ある生贄の立場になるため、死闘が繰り広げられたとか。
基本、マヤは血生臭いエピソードが多いです。


帰りのバス。
指定の時間に行くと30~40台のバスがずらり。
いったい何人の観光客がいたんだろう…
広々のテーマパークでまったく気づきませんでしたっ。


ほんとに一日では足りないくらい盛りだくさんのXcaret。
楽しかった~☆
パパもかなりお気に入りだったみたいです。
またいつか行けるかな~? また10年後??



あ、もうひとつ。
このパーク内、Biodegradable(環境生物分解性:オイルなし、自然界で無害に分解される)な日焼け止めしか許可されてないそうですが、これカリフォルニアでは見つけられませんでした。
しかたなく、ホテルで受け取れるように購入・手配までして行ったんですが、案の定、入園時何も持ち物チェックなく…。
ま、環境に悪いことしてるわけじゃないので、いいんですが…。がんばり損?

2011-2012 Cancun

2012年、あけましておめでとうございます。
皆様よいお正月をお過ごしのことと存じます。

我が家はせっかくアメリカにいるんだから、日本からは遠い所~っと、
☆カリブ海☆ メキシコはカンクンでの年末年始でした。


初日
ユナイテッド航空の都合で、行きはマイアミ回りに変更され…
クリスマス当日の夜には海沿いのリゾートホテルで、ロマンティックディナー(笑)のはずが…、マイアミのその辺のビジネスホテルで1泊させられ…
やっと翌日にカンクン到着となりました。


2日目 カリブ海!!カンクン到着。
Cancun Caribbian beach

3日目 Xcaret(シカレ)
海+マヤ文化パークみたいなものです。  
地下水脈をシュノーケルしながら流れたり…
浦島パパと汐ガメ
浦島汐さんとパパ亀になったり…

4日目 ホテル満喫デー
ビール&カクテル&テキーラ
ウェイターと仲良くなってスペシャルドリンクサービス

5日目 ジャングルツアー
Driving through Mangroves
スピードボートで海やマングローブの中を走る!!
(注:免許なし)

6日目 遺跡+セノーテツアー
Chichien Itza
チチェンイッツァ、エクバラム遺跡へ
エクバラムでは107段を汐さん自ら上ってピラミッド登頂!

セノーテ(自然に地盤陥没した泉) 
Cenote
地上の光が木の根と共に差し込む、幻想的なセノーテ
ここで泳げたのはとってもステキな経験でした

7日目 ドルフィンエンカウンター
Dolphin Encounter
ドルフィンにチューv

この日は大晦日。
夜はホテル内の特設ステージでカウントダウン
New year Count down
もちろんテキーラで乾杯^^

8日目
のんびりした元旦の朝をすごし、(これまでと同じメキシカン朝食を食べて)
サクラメントへの帰路につきました。
Bye-Carribean sea


細かいことはは後ほど書くことにして、
まずは年始のご挨拶とご報告でした。

やっぱ、カンクンいいわ~^^
この時期は暑すぎないし、空気もしっとりしてるし。
また絶対訪れたいリゾートです。おすすめ!!

あ。去年のハロウィン以降のブログも書いてないので、いろいろおいおい書きます 汗


汐さん一家、今年も宜しくお願い申し上げます。

ちなのバケーション in N California

さてさて忙しかった10月のお話。(今頃??)
りーちゃん(汐おば)が長期滞在を始め、ちゃっちゃんが帰国、
そこに入れ違いに来たのが、お友達ちな

4日間の短い旅行だったので、怒涛の観光オンパレード。

1日目
アルカトラズ島観光+サンフランシスコ観光
かの有名な、海に浮かぶ脱獄不可能な監獄です。
写真行方不明のため、詳細触れません。あしからず。

2日目
サンフランシスコ観光後サクラメントに移動、アメリカンパブでディナー

3日目
Dave's Pumpkin Patch
(Grouponの半額チケット使用、ラッキー☆)
この時期の子連れの外出定番であるパンプキンパッチ。


去年にはなかったコーンプールで遊ぶ。
corn pool

コーン迷路も去年とは違って汐さん自力で完歩!!
Corn Maze

干草に登って・・・ 
hay pyramid
なにやら意味ありげなこのポーズ
・・・カリスマかっ??
Go this way!!

初体験の乗馬!!
her first horse riding

夏には泣いて怖がって断念した乗馬。
今回はこの笑顔!!成長やのう・・・
怖くない!楽しい!!

ちなも子供に混じって乗りました。
China on horse
浮いてたけど、本人が楽しかったみたいだからよし。

二人並んで、てっくてっく。
二人並んで
右の馬がかわいそう・・・とかは言わないで 笑。


ザ・アメリカ!なBBQランチの後は


コーン畑へ。
corn field

みんなで好きな形のパンプキンを選びます。
この蔓、意外と太くて硬い!!しかも、ちび棘つき!
そんなこと知らずにナイフなしの私たちは四苦八苦。
なんとか素手でぶちきりました。

「汐は、これにします。」ってアピール
これにします。

必死で運びます。
ひとりでできるもん。

無事その日のうちに、ちなとりーちゃんが彫ってくれました。
うまいや~ん!
Jack O' Lantern carved by China and Rie
Jack-o'-lanternの明かりでBBQも楽しかったね!



4日目、ナパワイナリーめぐり
Opus One
OPUS ONE

ちょうどぶどうの収穫の時期!
Grapes for Opus One wine
ワイン用は意外と小粒。たべるブドウの半分くらい。

Grape picking
作業員は全員メキシコ人でした。
ここ北カリフォルニア、こういう作業員系ってアメリカ人をほとんど見かけない。やっぱり移民の力が支えてるんですね~。

今回の試飲は2006、2008。(35ドル/グラス!!)
はい、やっぱり景色もワインも最高です。
$35/glass ....
あ~、この2006、やっぱりおいしい~。

記念撮影。
Opus One にて


Rubicon Estateへ。
ここも古い洋館とワイン倉が素敵。
Rubicon Estate winery

ほこりがかぶった、超年代物のワインも。
Vintage wines

なんと、1936~1964年のワイン部屋!!
1936~1964
まだまだ飲めるものから、もう無理なものまであるんだって。

っと、ここで試飲中のちなの結論。
やっぱ私、ワイン無理やわ(笑顔で)!」
突っ込みどころが万歳過ぎて、全員あぜん・・・笑。


忙しく楽しかったちなの訪問。
まったく変わっていない友、同じノリで最高でした☆
ちょっとジモティな経験もできたし、貴重な休暇楽しんでくれたかな??
汐さんも「ちな~」って名前覚えたことやし、
また日本でもよろしゅう!!
カリフォルニア滞在日数
プロフィール

Author:shiosan mama
パパの転勤で生後7か月から
カリフォルニアはサクラメントで
暮らすことになった
汐さん(しおさん♀)の毎日を
だらだらと…

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。